3種のビラで行う、地方自治体との熱中症予防啓蒙活動 ~「一般向け」「職場向け」「高齢者向け」~ 熱中症予防声かけプロジェクト

  • 熱中症対策アドバイザー養成講座
  • 暑さ対策川柳
  • ワールド声がけ隊MOVIE
  • あなたのWBGTをチェックしよう!
賛同会員からの活動報告
2021.11.25 日本生命保険相互会社

3種のビラで行う、地方自治体との熱中症予防啓蒙活動 ~「一般向け」「職場向け」「高齢者向け」~


2021年6月 ~

【取組内容】
熱中症予防啓発のビラを3種類用意し、全国各地にある支社・営業部では、お客様をご訪問する際にこのビラを活用してお声がけをしています。
「一般向け」のビラには、今年度から全国での実用が開始した熱中症アラートの内容を盛り込み、暑さ指数にごとの注意事項や、アラートが出た場合にどのような対応をとればよいか周知する内容に変更しました。
現在では包括連携協定を締結しているうちの12の県との連携事業に熱中症予防啓発が組み込まれるなど、自治体からの賛同もいただいています。
また7月末から8月上旬にかけては、打ち水大作戦の趣旨に賛同した日比谷ビル入居所属が例年通り夕方にビル周辺の打ち水活動を実施するなど、マスク着用に伴い熱中症への危機意識も高まるなかで、多くの支社・所属で取組に参加しました。

【工夫したポイント】
今年度から全国での実用が開始した熱中症アラートの内容を「一般向け」ビラに盛り込み、暑さ指数にごとの注意事項や、アラートが出た場合にどのような対応をとればよいか周知する内容に変更しました。
このビラは7万人の職員がいつでもとりだせる社内システムに登載し、完成した時には社内イントラのトップページへの掲載や、各支社の担当者へメールで連携するなどして、暑くなったらすぐに配布できるよう社内の環境も整えています。
夏が近づくと社内で今年度のビラのリリース時期について問い合わせが増えるなど、開始して6年目になりますが、定着した取組となっています。

【コロナ対策で特に工夫したこと】
今年度もマスク着用のために熱中症が多くなることが予想されたので、「一般向け」のビラに厚労省・環境省が作成している「令和2年度の熱中症予防行動」の内容を引用して組み込み、感染対策と熱中症予防の両立を呼びかける内容となっています。

【取組成果】
2016年度から熱中症予防声かけプロジェクトに賛同して活動していますが、継続的な活動となったことにより、県との包括連携協定項目に組み込まれるなど、日本生命単体での活動ではなく、自治体からの賛同を得た活動になっています。

今年度は8月末時点で配布用に約4,900枚印刷・閲覧されました。コロナで禍でなかなかお客様にお会いできないなかでも、熱中症の声かけを全国で継続して実施しました。


記事一覧に戻る